巻物

人体のミステリーを解く

人体の体は謎だらけです。その謎の解明に挑みます。最新の科学情報を紹介!!

ホーム

人間の体は分からない事だらけ

人類の探究心と言うのは凄い物だと思っています。
特に新しい星を見つけても何の得にもならない場合が多いにも関わらず、毎日、昼は寝て夜は星の観察をしている人はいますし、宇宙の果てはどうなっているのだろう?
地球以外の惑星で人間が住める場所はないだろうか?など数多くの謎に挑んでいます。
さらに、哲学者は物事の根源は水だと言ってみたり原子だと言ってみたり色々な説を唱えています。さらに、人体についても様々な説を唱えてみたりしているのです。
それに、未だに人間の体の中には解明不明な物がたくさんあります。腰痛や突き指などの症状であれば、なぜ、そうなるかはかなり解明されていますし、視力の問題などもかなり解決されてきました。
まだ、完ぺきではないにしろ、その成果は凄いものがあります。しかし、一皮むけたDNAレベルの話になると、解明されていない部分も数多くあるのです。
例えば、なりたくない病気の症状として「癌」という物があります。
しかし、がん細胞ってなぜ出来るのでしょうか?がん細胞は人間に取って害をなすので無くても一向に構わないはずです。
それにも関わらずがん細胞って出てきますよね。
癌を治療するための方法は抗がん剤を飲んでみたり、手術で癌に犯された部分を切除するなどの技術は上がってきました。
しかし、なぜ、がん細胞が出来てしまうのかについては未だに分かっていません。
他にも、人間の鼻の下にはちょっとした溝があります。
この溝も何のためにあるのか未だに分かっていないようです。
他にも、人間はなぜ眠らなければいけないのか?だったり、様々な事があるのです。人間の体は驚くほど、精工に作られていますが、なぜ、このような奇跡的な人体が誕生したのか?などの謎もあるでしょう。

ミトコンドリア・イブとは

ミトコンドリア・イブをご存知でしょうか?
ミトコンドリアと言うと、ちょっと科学的でミステリアスで難しいイメージがありますが、「人類の祖先のおばちゃん」と言うべき、存在に付けられた名前です。
アダムとイブは神話の中では、最初の人間ですが、それに近い存在の女性がアフリカにいたとする説があります。
この説を見ると、「人類の共通の子孫のおばちゃんはアフリカにいたのか」と思うかも知れませんが、これは20年前のアフリカにいた女性が現在我々のDNAに最も近いと言われているだけで、全員がミトコンドリアイブの子孫だとは言っていません。
しかし、人類はアフリカから始まったとも言われていますし、大変興味深い説だと思いました。人類みな兄弟とは言いますが、祖先も同じだったのでしょうか。

縄文人と弥生人は別の民族だった?

日本史の授業では、縄文時代や弥生時代の事を教えてくれます。
縄文時代は縄文土器がかなり多くつくられたり、狩猟によって生活をしていたイメージがあります。それに対して、弥生時代は稲作が始まり農業で生活をしていたイメージが強いです。
しかし、学校の授業では縄文人の顔についてまでは教えてくれません。最近の研究では縄文人と弥生人では顔立ちが全然顔が違うと言う説まであるのです。
これにより、弥生人は縄文人を追い出してしまった侵略者だとか、そういう説もあるわけです。顔についてですが、一重瞼で目は小さめ、唇が薄くのっぺりとした顔が弥生系になるそうです。
それに対して、くっきりした二重瞼に太い眉、厚みのある唇、立体的な顔立ちが縄文顔になるそうです。今の日本人の顔は両方を併せ持った人などもかなり多くいますし、縄文人と弥生人が混ざった状態になっているかのようです。

秋田美人はアゼルバイジャン系

秋田美人と言う話を聞いた事がないでしょうか?
秋田県には美女が多いとされています。
その原因についてですが、昔、殿さまが移封された時に、領内の美女を大量に秋田に連れて行ってしまった説などもありますが、殿さまと言えども、そこまでの力はないと思います。そこで、別の説なのですが、秋田県は長身の人が多く、日本の平均身長よりも2センチ高いと言われています。
さらに、美白美人も多いと言うのです。美白に関しては秋田県は紫外線を受ける量が日本一少ないと言われています。
その関係で美白になると言う説もあります。しかし、秋田美人の驚きの説は、アゼルバイジャンのDNAが入っていると言うのです。
アゼルバイジャンはもちろん、ヨーロッパの方です。ヨーロッパ人が偏西風や対馬海流などで秋田に漂着してそこから、アゼルバイジャンのDNAが広がったとも言われているのです。これが本当であれば、かなりミステリアスだと思います。
秋田美人の美しさの秘密は日本とヨーロッパの混血にあるのかも知れません。
尚、日本史上最大の美女と言われている小野小町も秋田美人だと言われています。

運動神経の違いは人種によって決まる?

運動神経がDNAと関わっていると言ったり信じられるでしょうか?しかし、よくよく考えてみるとやっぱり人種によって決まると言う部分も多いです。
運動神経が最もいい人種は黒人です。世界の3大スポーツ選手は、ボクシングのモハメド・アリ、サッカーのペレ、バスケットボールのマイケル・ジョーダンだとも言われています。
しかし、よく考えてみるとみんな黒人ですよね。
陸上のウサイン・ボルトも黒人ですし、カールルイスなども黒人です。
確かに、マラドーナみたいな白人でもスーパースターはいますが、瞬発力などを重視するスポーツにおいては圧倒的なパフォーマンスを発揮するのが黒人と言えるでしょう。さらに、持久力においても筋繊維などの関係でも白人や黄色人種よりも優れているとのことです。
しかし、これだけではないとする説もあります。
世界中で黒人差別が問題になっていたりしますが、このため黒人はハングリー精神が強くスポーツでは滅茶苦茶頑張るなどの説もあります。
社会構造の結果が黒人をスポーツで強くしている可能性もあるとのこと。どれが本当なのかは分かりませんが、黒人がスポーツに強い事だけは間違いないでしょう。

手裏剣

その他の記事


Copyright (C) 2016 人体のミステリーを解く All Rights Reserved.
巻物の端